発達障碍の診断書 2

診断書の提出先を考えてから、セカンドオピニオンを受けた先生に診断書を頼みました。

すると「ウチでは書けないので、最初に紹介状を書いた病院に頼んでください」と言われました。

精神障碍の診断書は「精神障害に係る初診日から6か月を経過した日以後に作成されたもの」という条件があったのです。つまり、

・セカンドオピニオンを受けた病院は、紹介状で来たけど初診
・だから「6か月を経過」してない
・紹介状を書いた病院なら、すでに3年近い通院・治療歴がある
・診断結果をフィードバックするから、そこで診断書を書いてもらう

というのです。

いやいや、前の病院では「あなたはADHDかもしれないが、診断はできない」と言われてたのに、

「他の先生にADHDでASDもありと言われたから診断書も書くわ」て、そんなことできるの?と聞き直してしまいました。


あとで調べると、診断された病院で診断書も書いてもらえたようですが、そこはまぁ・・


つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック