発達障碍(ADHD+ASD)は免罪符になるか

発達障碍の診断が免罪符になるか考えてみました。

会社では前から「仕事に無責任」とか「自分のことしか考えてない」と言われてました。今も同じです。

職場の雰囲気は(自分には)最悪で、だからメンタルクリニックに通い続けました。

そんな状況ですから、「発達障碍の診断が出たから」といって、昨日までのポンコツ社員が翌日から「今まで大変だったね」と言われる訳がありません。
大変だったのは、本人よりも周囲ですから。

それでも、診断に救われたのは確かです。そのおかげで、
「無理です出来ませんお断りします」
と言うハードルが下がりました。

周囲との軋轢はより大きくなりましたが、「できない自分が悪い」と10年近く自分を責めた心理的な負担は軽くなりました。

「仕事から逃げただけ」と言われると返す言葉はありませんが、身体に異変が起きるくらい病んでいたので、もう逃げます。
勘弁してください。

ストレスの原因に対して、診断結果を免罪符として使います。

ただ予想より重すぎたので、個人として受け容れるのにオロオロしてます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック