発達障碍(ADHD+ASD)の受け容れ

ADHD+ASDと診断される前は、鬱病の診断が出ると思ってました。

鬱病なら、健常者が鬱状態になった → 回復のための休養や異動、転勤を相談する

という流れになります。

ところが先天的な精神障碍者と診断されたので、人生の見直しをしないと頭の中が整理できないのです。

振り返ると言い訳ばかりの人生なので、ADHD+ASDを原因にすれば、悩んできたことがほぼ解決してしまうのです。

疲労体質や肩こり、鼻くそを口にする原因までこじ付けるものがありました。

全部まとめて「今まで悩む必要がなかった」と思えば解決しますが、50年近い悩みを一瞬で帳消しにする切り替えはできません。

イメージとして、サーバーをすべて消去してシャットダウンしてから、全く新しい制御システムをサーバーに入れて再起動する感じです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック