自立支援医療(精神通院)支給

発達障碍の診断書を受け取ってすぐ、自立支援医療(精神通院)支給を受ける手続きもしました。

「支給」といっても、医療費等の負担割合が3割 → 1割になるという意味です。
同時に、毎月の支払い金額に上限ができました。

この手続きをしてからメンタルクリニックを受診しました。

診察料と薬代のどちらも、その場で1割負担になりました。
(まず3割を払い、差額をあとで精算する場合もあるようです)

受給者証が届くまで1〜2か月かかるので、届くまでは申請証の写しを病院と薬局の窓口へ提出します。

申請証の写しの写しを取ってもらい、「自己負担上限額管理票」という書類を渡されました。

この管理票に「自己負担額」と「月間自己負担額累計額」が記載されて返却されます。

毎月の上限額は1万円なので、どれだけ通院しても薬を購入しても1万円以上支払う必要はありません。

実際には、通院は月1回で支払いも上限額を超えませんが、生活保護を受けたり所得が低いと上限額も下がり、支払額がゼロになる場合もあるようです。

ただ、病院・薬局のどちらも事前に申請した1箇所だけしか使えません。変更はできるようです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック