初めての精神科・心療内科と、処方薬を飲むこと

今の会社に転職して数年後、部署の異動がありました。

異動した部署が自分と合いませんでした。

周囲や上司から、仕事が遅い・書類の間違いが多い・同じミスを繰り返す・言われたことを覚えていない・・と注意を受け叱られることが増えました。

パワハラだけではなく、自分にも落ち度があることは理解できました。

自己肯定感が低いので、会社に行くのが嫌になりました。

吐きそうな思いで出社しましたが、出社拒否にはなりませんでした。


それでもストレスはたまるので、精神科・心療内科に行くことにしました。

初めてメンタルクリニックに行ったときは、敗北感を覚えました。


診断は「うつ病ではないが、気持ちが落ち込んでふさぎ気味」と言われたような。

ひとまず症状を和らげるために、処方薬を飲みました。

これで気違いの仲間入りをしたと思い、悲しくなりました。

メンタルクリニックでの診療は患者の話を聞いて処方箋を出す、これだけです。


誤解のないよう付け足すと、メンタルクリニックの診察を悩んでいるならスグに行くべきです。

身体が風邪をひけば風邪薬を飲むように、心が風邪をひけば薬を飲めばいいのです。


つづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック