モンキンの寛解とADHDとASD

アクセスカウンタ

zoom RSS 発達障碍(ADHD)と運動

<<   作成日時 : 2018/09/12 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年8月からジムに通い始めました。

経験的に、身体を動かすとストレスが減ることは分かってました。

発達障碍の診断が出てから調べると、運動はADHDにも効果があるようです。

自覚症状はありませんが診断書には「じっとしていることができない」と書いてあり、身体を動かすと確かに解消します。


ジムは週に1〜2回。
1回のメニューは約2時間。(軽い運動やストレッチが5〜10分、筋トレ15分、有酸素運動15〜30分、マッサージチェア15分、シャワーと入浴30分)

なかでも有酸素運動が有効のようですが、ストレッチと入浴は専門家で意見が割れます。


とまれ、運動がストレスだけでなく、ADHDの暴走を抑える効果もありそうなので続けていきます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
発達障碍(ADHD)と運動 モンキンの寛解とADHDとASD/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる