酸素の準備

見舞いに行ってきました。

5月7日に抜いた胸水の詳細はまだ分からない!

それは置いておくとして、5月10日に投与した抗がん剤=ヨンデリスの経過が良く、医師が驚くほど副作用も出ておらず、外泊が認められました!

酸素の吸入が必要なので、医師の指示を受け自宅に業者が来て、機器を設置していきました。

ひとつは空気中の酸素を濃縮する機械。
画像

この機械からカニューラ経由で酸素が供給されます。
カニューラの長さは5〜6mあるので、家の中ではつけたまま歩き回ることになります。

酸素なので裸火厳禁です。
つまり、ガスコンロが使えずIH必須です。

自宅の温水はプロパンガスが熱源で、室内に大きなボイラーがあります。
裸火ではないので、ボイラーのすぐ横でもカニューラは付けたままでOK。

暖房はFF式の石油ストーブですが、こちらもOK。

外出するときは、酸素ボンベを持ち歩きます。
画像


つまり、このシステムを使うことになります。
http://www.awmi.co.jp/images/upload/pdf/HOT%E5%85%A5%E9%96%80.pdf

自宅には業者が来て丁寧に説明してくれましたが、妻が病院で説明を受ける段取りが悪く、イライラしたようです。

とまれ、順調にいけば5月20日か21日に退院できる見通しです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック