モンキンの寛解とADHDとASD

アクセスカウンタ

zoom RSS 緊急入院

<<   作成日時 : 2019/05/06 00:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日、妻が入院しました。

4月25日に受けた検査で、トラベクテジンを投与するために入院する予定と書きましたが、5月8日の予定でした。

咳が少し増えていましたが、4月29日に主治医からCT画像や心エコーを見ながら説明を受けました。
左の肺に水=胸水がごく僅かありました。
ごくわずかな量で、私も言われなければ気付かないレベルでした。
念のため、咳止めの頓服薬を処方されました。

4月30日朝から咳が増えたので、頓服薬を飲んだところ症状が少し和らぎました。

その後も横になると咳が増えましたが、なんとか日常生活はできました。

5月3日、近くの公園へ花見に行きました。駐車場から5〜6分歩くと疲れてベンチに座り込んでしまいました。

ベンチから花が見える場所までさらに高低差があり、私が先に上りましたが妻には負荷が大きいと考え、駐車場も移動しましたが歩くと呼吸が辛くなるようで、花見はやめて買い物して帰宅しました。

その日の夜は寝付くまでYogiboで上半身を起こしていましたが、翌朝に聞くと「ちゃんと寝れた」と。

5月4日、入院前に実家に顔を出したいと高速バスで移動しました。

その夜は咳や息苦しさは時々あったものの、寝られたようです。

その翌日=本日5月5日は、こんな予定でした。
実家 → 40kmほど離れた町までクルマで義家族に送ってもらう → JRで移動 → 私が駅で出迎えて自宅に戻る


少し前に、引越したことを書きました。

引越す前は妻の通院先まで190kmありましたが、引越し後は35kmほどの日帰り圏内です。

5月5日は自宅に戻る → 5月8日に入院、の予定でしたが、クルマで義家族と歩いたときに車イスで押してもらったといい、症状が悪くなったと判断して病院の救急室で診てもらうことにしました。

妻の顔をみると、明らかに弱ってました。
CT撮影など院内の移動は車イスです。

CT画像を見ると左肺に水=胸水が半分ほどあり、素人目にも酸素が取り込めてないことが分かりました。

4月29日に見たCT画像とは全く違う状態でした。

酸素の吸入量は正常なら98くらいですが、93しかありませんでした。
酸素チューブ(鼻カニューラ)を入れると、少し呼吸も楽になったというので苦しかったのでしょう。

胸水は増えましたが、腫瘍も大きくなっていました。
担当医は、胸水を詳しく検査しないと肥大した原因は分からないが、連休明けの5月7日以降でないと詳しい検査ができないという。
この時点で緊急入院が決まりました。

入院手続きをして病室へ行くと、容態の急変に対応するためという理由で個室でした。

希望せずに個室に入るのはそれなりの事情があるので緊張しますが、緊急入院なのでやむを得ません。

以前から妻は入院準備をしていたので、今日は荷物を持っていくだけでした。

足りないものもあるので明日また病院へ行きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急入院 モンキンの寛解とADHDとASD/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる