モンキンの寛解とADHDとASD

アクセスカウンタ

zoom RSS 胸水を抜いたあとの治療

<<   作成日時 : 2019/05/09 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9日、会社が終わってから主治医の説明を聞きにいきました。

・5月7日に抜いた胸水の詳しい分析結果は、5月10日か13日以降に判明する。

・胸水の分析を待たず、抗がん剤を10日から投与する。4月25日に説明を受けた「ヨンデリス(一般名:トラベクテジン)」。

・骨髄の減少を見込んで、カンフル剤としてジーラスタを抗がん剤投与後に注射する。

・胸に残った胸水は、無理に抜かない。それより、抗がん剤投与ができるうちに優先する。

・ごくわずかだが、心臓の回りにも水が溜まっている。心タンポナーデの引き金になる可能性がある。

・トラベクテジンにの効果が見られかつ副作用が穏やかな場合は、5月24日に退院できる予定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
胸水を抜いたあとの治療 モンキンの寛解とADHDとASD/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる