とても近似してる

発達障害の方と酒を飲む機会がありました。

・ADHD+ASDの診断がほぼ同時期

・ADHDは注意欠如が優勢

・コンサータを服用

・障害等級も同じ

自分が診断を受けてから、似たような症状の方に初めて会って話をしました。

「それあるあるあるあるある!」

と何度言ったことでしょう。

間の取り方や視線の外し方、話の途切れ方や酒の席が終わって以降までほぼすべてが

「同じ」じゃなくて、「そんな反応になるよね」と理解できる状態でした。

「苦手なことはやらないじゃなくて出来ない、原因は先天性」

自分の障害を本当に同意してくれる人がいることに涙が出ました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック