胸水の抜水

今日は、午後から出かける予定でした。

13時ころ、でかける直前に呼吸が苦しいと言い、訪問介護の医師に水抜きの連絡をしてほしいと頼まれました。

酸素の吸入量も95〜96くらいまで低下しています。

出かける用事をキャンセルして担当者に電話して、ナースが訪問→院長が水を抜くために来宅しました。

管理人は、胸水を抜く作業を初めて見ました。

消毒〜麻酔して、注射針を刺して慎重に50mlずつ抜いていきます。

700mlを抜いたところで針が抜けてしまったため、今回はここまで。

胸水を抜いている作業中でも呼吸が楽になるらしいので、効果はあるようです。

吸気はできているので酸素量もそれほど低い数値を示しませんが、胸水が肺を圧迫して吸気量が足りず、呼吸困難に感じるようです。

とまれ、胸水を抜いたら落ち着いて顔色も良くなり、午睡しました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック