CT撮影

朝一番で地元の写真館へ撮影に行ってきました。

昨日、「出かける予定」でしたが、体調急変で延期してもらったのです。

スタジオに入るときもカニューラを装着したままでしたが、撮影時はがんばってカニューラを外しました。

ポーズを取って、「こんな風に写真を撮るのひさしぶりだね」と言いながら。


昼から、積極的治療をしていた病院へ移動してCT撮影しました。

先日希望した病状確認です。

CT撮影には、単純撮影と造影撮影があり、造影剤を投与してから撮影すると詳細な画像が撮れますが身体の負担が大きいことと、緩和治療では不要なので単純撮影になりました。


画像を見ると、元主治医は「胸水の量が多くて苦しい。抜いたほうが良い。昨日700ml抜いたと聞いてるから、溜まるペースが早い。毎回注射して抜水するか、入院してドレナージをつけて抜く方法もある。」と宣いました。

この指摘があれば、次の行動を決める決めることができます。

今の緩和ケアの主治医は「CT画像を見ても今後の方針は決められない」と言いましたが、張り倒したい気分です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック