テーマ:ADHD

いざセカンドオピニオン

そのセカンドオピニオンを受けたのが、この日の記事になります。 この時ばかりは前日に準備しました。 ・健康保険証・お薬手帳・母親に書いてもらったADHDのチェックシート そして紹介状。紹介状、紹介状・・・   紹介状がない! 大事なものを失くすことが多いというADHDの本領発揮ですが、それにしてもです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セカンドオピニオンを求めて

コンサータは飲み続けていましたが、「診断」を受けたことはありませんでした。 つまり、 ・憂うつ状態は認める ・不安と焦燥感もある ・不眠(中途覚醒)もある ・ADHDかもしれない それでも医者として診断書は書けない、という状態でした。 大人のADHDを診てくれる別の病院をwebで探して電話したこともあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサータの服用 その2

ストラテラをやめて、コンサータは今も飲み続けています。 飲み始めの「寝付くまで1〜2時間かかる」副作用は収まりました。 今もある副作用は次の3つ。 ・喉が乾く ・服用後1時間くらいは軽い頭痛 ・食欲減退 いずれも身体が慣れる「耐性」がついたので、日常生活には支障ありません。 頭が冴えるプラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサータの服用

薬を切り替えるとき、1か月間はストラテラとコンサータ併用するように言われました。 初めて飲んだコンサータ。ストラテラと違い即効性があります。 今までに飲んだメンタル系の薬で、初めて効果がありました。 電話番号を覚えることは今も苦手ですが、それが頭の中でビシビシと電光掲示板に表示されるようにイメージされました。 い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストラテラの服用・副作用

「ADHDの可能性がある」ということで、新しい薬を飲み始めました。 ADHD等の薬は ・ストラテラ ・コンサータ ・インチュニブ ・リタリン ほかにもありますが、情報が多いのは上の2種類。 まずストラテラを飲むと、いきなり副作用が出ました。 眠気・胃もたれ・頭痛です。 眠気は強く、クルマを運転し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHDは幼少期から?

医者から「症状が12歳以下から続いていないとADHDとは言わない」といわれたので、幼少期を思い出すことにしました。 こちらのサイトでダウンロードした「大人の発達障害 すべては自分の特性を知ることから」という冊子をみると、子ども時代の自分をチェックできます。 最後のページに自由に書くスペースがありますが、 ・「幼稚園、保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分はADHDなのかも?

膝の揺れ=貧乏ゆすりから自分はADHDなのかも?と思い、通院中のメンタルクリニックで相談しました。 すると、「それは違う」と秒殺で否定されました。 医者は、症状が12歳以下から続いていないとADHDとは言わない、と断言しました。 納得できず、ADHDの自己チェック結果を見せると、渋々「ウチにも同じのあるから」と出してき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体の異変

嫌々ながら出社とメンタルクリニック通院を続けていましたが、身体に異変が起こりました。 2017年の夏〜秋ころから、膝が震えるようになりました。(正確な時期は覚えていません) 立ったままでも、イスに座っても震えます。 数秒〜数分くらい震えては止まる、の繰り返しです。端からみれば貧乏ゆすりです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己紹介

前回とカブりますが、管理人の簡単な自己紹介です。 ・年齢は四捨五入で50際、ADHD+ASDと診断された年齢も同じ。 ・子供はいません。 ・サラリーマンで正社員です。 ・大人数の会社ですが一流企業ではなく、ブラック企業の引き合いによく出される3流〜4流の会社です。 ・それでも残業代は出るし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の発達障害

大事なことを書き忘れてました。 ADHDやASD、発達障害は子供の診断例が多いのですが、 管理人の年齢は四捨五入して50歳になるおっさんです。 つまり、 大人の発達障害、 大人のADHD、 大人のASD です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注意欠陥多動性障害

2018年7月4日水曜日のことです。 いきなりですが、 ブログの管理人(横紋筋肉腫と1年間闘病した妻の夫)が、とある病院の精神科でADHDとASDを併発していると診断されました。 最初に断っておくと、管理人の診断と妻の闘病には関連が全くありません。 医師から診断を聞いてひと月以上が過ぎて診断書も出ましたが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more