ヘルプマーク

もらってきました。 さっそくカバンに付けたけど、趣旨を見るとちょっと違う。 ・・外しました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自立支援医療(精神通院)支給

発達障碍の診断書を受け取ってすぐ、自立支援医療(精神通院)支給を受ける手続きもしました。 「支給」といっても、医療費等の負担割合が3割 → 1割になるという意味です。 同時に、毎月の支払い金額に上限ができました。 この手続きをしてからメンタルクリニックを受診しました。 診察料と薬代のどちらも、その場で1割負担になりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年8月23日(木)

妻が7月13日に退院して以降、毎月1回程度の検査のために病院へ行きました。 1日だけの通院です。 CTを撮影して2か月前の画像と比較しながら、説明を受けたところ、 ・結論はまだ ・9月以降の再検査で見通しが出そう 確定まで時間がかかるようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障碍(ADHD+ASD)の受け容れ

ADHD+ASDと診断される前は、鬱病の診断が出ると思ってました。 鬱病なら、健常者が鬱状態になった → 回復のための休養や異動、転勤を相談する という流れになります。 ところが先天的な精神障碍者と診断されたので、人生の見直しをしないと頭の中が整理できないのです。 振り返ると言い訳ばかりの人生なので、ADHD+A…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障碍(ADHD+ASD)は免罪符になるか

発達障碍の診断が免罪符になるか考えてみました。 会社では前から「仕事に無責任」とか「自分のことしか考えてない」と言われてました。今も同じです。 職場の雰囲気は(自分には)最悪で、だからメンタルクリニックに通い続けました。 そんな状況ですから、「発達障碍の診断が出たから」といって、昨日までのポンコツ社員が翌日から「今まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障碍になりたい人

仕事ができない言い訳のため発達障碍やADHDだと思い込んでいる人、診断がほしい人も見かけます。 まず、精神科や心療内科に行きましょう。 メンタル系の診察を受けるのは、かなり勇気が要ります。 予約や電話が怖くて家族にお願いした場合でも、それはちゃんと診察に反映されます。 その場で診断が出ないことは以前に書いたとおり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注意障害

診断書では注意障害(ADHD)にマル印が付きました。 忘れ物が多いことや、物事をあまり覚えていないことが当てはまります。 忘れないためにメモしますが、メモしたことを忘れるときもあります。 好きなことや楽しみにしていることでも、忘れるときがあります。 会社でも「忘れてました・覚えてません」はよく言います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障碍とふつうの人

ADHD+ASDと診断されましたが、生きづらい人生でした。今も。 少し変わってると言われ続けてきました。 小学生時代、担任の先生と懇談した母親は「個性的な子」と言われたことがあるようです。 手先は不器用で、プラモデルを綺麗に仕上げることができませんでした。 オモチャを分解すると、元に戻せないことがほとんどでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そもそも、ADHDとASDて?

ADHD(注意欠陥多動性障碍)とASD(広汎性発達障碍)の診断から、障害手帳を申請するまでの流れを延々と書いてきました。 し・か・し ワタクシ、ADHDという言葉は2017年の9月ころまで知りませんでした。 ASDにいたっては、診断を受けたときに初めて聞きました。 ADHDとASDをまとめて発達障碍ということも初めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障碍の診断書 3

診断結果がフィードバックされた病院で診断書を依頼します。 事務方でなく、いつもどおり診察を受けて診断書を頼みました。 診断書の提出先は3つ 1. 自立支援医療(精神通院)支給認定の申請 2. 精神障害者保健福祉手帳の申請 3. 会社 1と2は、都道府県等にある「精神保健福祉センター」が担当ですが、受付窓口…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障碍の診断書 2

診断書の提出先を考えてから、セカンドオピニオンを受けた先生に診断書を頼みました。 すると「ウチでは書けないので、最初に紹介状を書いた病院に頼んでください」と言われました。 精神障碍の診断書は「精神障害に係る初診日から6か月を経過した日以後に作成されたもの」という条件があったのです。つまり、 ・セカンドオピニオンを受けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障碍の診断書 1

ADHD+ASDと診断されたので、次は診断書です。 先生から、「どこに提出しますか?」と聞かれました。 障碍系の診断書は「何のためにどこに提出するか」で内容、様式が違うことを初めて知りました。 家族や会社と相談するため、一度帰ることにしました。 次回の診察まで2週間ほど時間もあったので。 ちなみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発達障害と診断された日

FAXで取り寄せてもらった紹介状とともに、診察が始まります。 初めてメンタルクリニックを受診した2008年9月から話をするので、かなり長くなります。 しかも内容は重い。 長くなることは予想できたので、事前に書いたスマホのメモを見ながら話しました。 先生は辛抱強く話を聞いてくれました。受け答えをしながら約1時間40…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざセカンドオピニオン

そのセカンドオピニオンを受けたのが、この日の記事になります。 この時ばかりは前日に準備しました。 ・健康保険証・お薬手帳・母親に書いてもらったADHDのチェックシート そして紹介状。紹介状、紹介状・・・   紹介状がない! 大事なものを失くすことが多いというADHDの本領発揮ですが、それにしてもです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セカンドオピニオンを求めて

コンサータは飲み続けていましたが、「診断」を受けたことはありませんでした。 つまり、 ・憂うつ状態は認める ・不安と焦燥感もある ・不眠(中途覚醒)もある ・ADHDかもしれない それでも医者として診断書は書けない、という状態でした。 大人のADHDを診てくれる別の病院をwebで探して電話したこともあります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサータの服用 その2

ストラテラをやめて、コンサータは今も飲み続けています。 飲み始めの「寝付くまで1〜2時間かかる」副作用は収まりました。 今もある副作用は次の3つ。 ・喉が乾く ・服用後1時間くらいは軽い頭痛 ・食欲減退 いずれも身体が慣れる「耐性」がついたので、日常生活には支障ありません。 頭が冴えるプラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンサータの服用

薬を切り替えるとき、1か月間はストラテラとコンサータ併用するように言われました。 初めて飲んだコンサータ。ストラテラと違い即効性があります。 今までに飲んだメンタル系の薬で、初めて効果がありました。 電話番号を覚えることは今も苦手ですが、それが頭の中でビシビシと電光掲示板に表示されるようにイメージされました。 い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストラテラの服用・副作用

「ADHDの可能性がある」ということで、新しい薬を飲み始めました。 ADHD等の薬は ・ストラテラ ・コンサータ ・インチュニブ ・リタリン ほかにもありますが、情報が多いのは上の2種類。 まずストラテラを飲むと、いきなり副作用が出ました。 眠気・胃もたれ・頭痛です。 眠気は強く、クルマを運転し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADHDは幼少期から?

医者から「症状が12歳以下から続いていないとADHDとは言わない」といわれたので、幼少期を思い出すことにしました。 こちらのサイトでダウンロードした「大人の発達障害 すべては自分の特性を知ることから」という冊子をみると、子ども時代の自分をチェックできます。 最後のページに自由に書くスペースがありますが、 ・「幼稚園、保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分はADHDなのかも?

膝の揺れ=貧乏ゆすりから自分はADHDなのかも?と思い、通院中のメンタルクリニックで相談しました。 すると、「それは違う」と秒殺で否定されました。 医者は、症状が12歳以下から続いていないとADHDとは言わない、と断言しました。 納得できず、ADHDの自己チェック結果を見せると、渋々「ウチにも同じのあるから」と出してき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体の異変

嫌々ながら出社とメンタルクリニック通院を続けていましたが、身体に異変が起こりました。 2017年の夏〜秋ころから、膝が震えるようになりました。(正確な時期は覚えていません) 立ったままでも、イスに座っても震えます。 数秒〜数分くらい震えては止まる、の繰り返しです。端からみれば貧乏ゆすりです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつ状態と薬物療法

浮き沈みを繰り返しながらも症状は改善せず、薬も飲み続けました。 薬も数種類を試しました。 正確には覚えていませんが、副作用が軽かったのはジェイゾロフトでした。 ジェイゾロフトは、こんなイメージで効きました。 ・怒られた、ミスで迷惑かけた、自分はポンコツだ、悪いのは自分だ ↓ ・クスリを飲む …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての精神科・心療内科と、処方薬を飲むこと

今の会社に転職して数年後、部署の異動がありました。 異動した部署が自分と合いませんでした。 周囲や上司から、仕事が遅い・書類の間違いが多い・同じミスを繰り返す・言われたことを覚えていない・・と注意を受け叱られることが増えました。 パワハラだけではなく、自分にも落ち度があることは理解できました。 自己肯定感が低いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己紹介

前回とカブりますが、管理人の簡単な自己紹介です。 ・年齢は四捨五入で50際、ADHD+ASDと診断された年齢も同じ。 ・子供はいません。 ・サラリーマンで正社員です。 ・大人数の会社ですが一流企業ではなく、ブラック企業の引き合いによく出される3流〜4流の会社です。 ・それでも残業代は出るし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人の発達障害

大事なことを書き忘れてました。 ADHDやASD、発達障害は子供の診断例が多いのですが、 管理人の年齢は四捨五入して50歳になるおっさんです。 つまり、 大人の発達障害、 大人のADHD、 大人のASD です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

注意欠陥多動性障害

2018年7月4日水曜日のことです。 いきなりですが、 ブログの管理人(横紋筋肉腫と1年間闘病した妻の夫)が、とある病院の精神科でADHDとASDを併発していると診断されました。 最初に断っておくと、管理人の診断と妻の闘病には関連が全くありません。 医師から診断を聞いてひと月以上が過ぎて診断書も出ましたが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more